ご案内お知らせ短編連載「マスカレイド」書評動画
自作小説(短編中心)と書評(というか感想文)。 ジャンルはミステリィが主体です。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.08.06 Mon
副題「三月宇佐見のお茶の会」。

紅茶の香りとともに、宇佐見博士は時空を越える。ただ探偵であるがゆえ。三月宇佐見のお茶の会シリーズ、第一短編集。

「All About」のエンタメ欄でつい最近柄刀が取り上げられました(こちら)。
それによると、本作は代表作らしいですよ。ほんとかよ。むしろ異色作じゃ。

SF/ファンタジィの設定でミステリィをやるというのは近頃の流行で(多分)、例えばトリスタもそうだし、西澤は言うに及ばず、上遠野然り、高里然りで。メフィスト賞の新人、古野もそう。もはや一つのジャンルを形作りつつある、といっても過言ではないでしょう。
そんなわけで、本作は全然新作じゃないんですけど(七年前)、けれどなんだかタイムリィでした。

各話ずつ。

「言語と密室のコンポジション」
言葉は力を持っている。って、「終わりのクロニクル」であったなあ。
まさに奇想細心。ただし、殆どの読者はきっと推理できない。
印象に残る密室トリックベスト3に入るかも(ちなみに1位は島田の「斜め屋敷の犯罪」、2位は森の「すべてがFになる」)。
宇佐見と猫のやり取りを読んでいたら、「歪みの国のアリス」のアリスと猫を思い出しました。あれは萌えたよねえ。

「ノアの隣」
トリックはまあまあ。
あまりにもテーマが大きすぎた、という感じを受けました。ストーリィが重すぎる。短編ではちょっと……。

「探偵の匣」
わざわざIMEパッドを開いてタイトル入力。
安楽椅子探偵たちの推理合戦。壮絶。
「作者からの蛇足」での指摘には舌を巻きました。

アリア系銀河鉄道
この五線譜暗号は絶対誰にも解けません。
とんでもない大トリック。面白い。
しかし正直、銀河鉄道という舞台は必要だったのか、と思ってしまいました。安楽椅子だけでは動きがなさ過ぎるから……という発想なのでしょうが。

「アリスのドア」
小道具の使い方はともかく、大筋は推理できました。
兎がヤンデレだった。とか書くと、品性を疑われるよな……。

全体を通して。
この路線でも論理の緻密さは維持されていたので高評価。
相変わらず犯罪の背景が抽象的なのは、まあ諦めるか。

スポンサーサイト
2007.08.08 Wed
満州の地で再会した古野まほろと柏木照穂は、修野まりからの依頼を受け、豪華寝台列車『あじあ』に乗り込み、伝説の間諜『使者』に接触することに。しかし彼らを待っていたのは凄惨な殺人事件で……。

これってシリーズ名付いてるのでしょうか。
私は「古野シリーズ」と勝手に呼んでいますし、兎屋さんは「天帝シリーズ」と呼んでいたような。ナムコの「テイルズオブシリーズ」みたく「『天帝の』シリーズ」になったりしないよね。

作家の力量は二作目でわかる、とよく聞きますが。
そうだとしたら、古野は確実に超大型新人です。

詰め込みすぎだった「果実」に比べ、ストーリィの展開はスマートに。
特に「果実」では、初めのシーンでいきなり吹奏楽部全員に喋らせるという読者への無配慮が気になりましたが(勿論そういう手法だったのでしょうが)、本作では乗客を一人ないし二人ずつ登場させてくれたので、序盤が大分読みやすくなりました。

前作でも思ったのですが、劇場云々のメタは必要なんでしょうか。
正直ちょっとくどいし、興を削ぐような気がする。多分、ストレートに読者への挑戦をするのは今更恥ずかしくて、だからああいう形にしたんだと思うんですが……。
あと、本作の「停電」の挿話にはひやっとしました。いや、今もしてるんですが。まさかドグラマグラにするつもりじゃないよね。柏木も例のあの子も修野さんも詩織さんもみんな主人公の妄想の産物でしたみたいなオチにはしないよね。さすがにね。

「果実」「御矢」ともに、カレイドスコープのような多面性を持つ作品です。だから何処かの戯言遣いのように誰にでも似ている。
主軸になっているのは中井、竹本のアンチ路線(しかも今回は麻耶と同じような手法で事件を閉じていることも注目に値します)。さらに森のS&Mシリーズ、西尾の戯言シリーズ、霧舎のあかずの扉研究会シリーズ、二階堂の人狼城……その他ありとあらゆる国産ミステリィの影響を見取ることができます。
これを国産ミステリィの集大成と見るか、単なるオリジナリティの欠如と見るかは、ううん、これからの判断になるのかな。

オリジナリティといえば、主人公のキャラ。
こいつ驚くほど弱い。こんなに肉体的、精神的に弱い探偵って古今東西探してもあんまりいないんじゃないでしょうか。
そのくせ何故かモテまくりなんだよなあ。不思議だ。

などと、もっともらしく「書評」してみましたが。
そんなことはどうでもよくて柏木ですよ柏木!
何こいつめちゃめちゃかっこいいんですけど。
例のあの子も良いけど、でもやっぱり柏木が光ってた。
これからも準主人公やって欲しいけど、本作で散々まほといちゃいちゃしちゃったからなあ。下手したら脇役に成り下がったりしてしまうんじゃないだろうか。うう。

さて、このシリーズ、続かないって事はないと思うんですが。
どんな展開になるのでしょうか。相変わらずアンチでいくのか、それともまほが覚醒して本格ミステリィになるのか、はたまた二作目まではミステリィだった戯言シリーズみたく、新伝綺一直線に移行するのか……。できれば二番目期待。
2007.08.15 Wed
現代に蘇った"マスグレイヴ館の島"。招待された"英国・シャーロック・ホームズ・ソサエティー"のメンバーを待っていたのは、海を隔てた岬と館での連続怪死事件だった。

慶子さんとお仲間"探偵団"シリーズ第一弾、と帯には銘打ってあるんですが、続いていないらしい。何だったんだ?

柄刀は文体を作品の雰囲気に合わせて自在に変化させることができる書き手なんだ、と発見しました。
といってもまだ長編は三作しか読んでいないのですけど。
「サタンの僧院」は重厚なゴシック・ロマン調に。
「400年の遺言」はリアリスティックに。
そして「マスグレイヴ館の島」はコミカルでハート・ウォーミングに。
守備範囲の広さ(というよりは文章力か)と、妥協を許さないシビアな姿勢があってこそ為せる業、なのでしょう。今時いないよ、こういう頑張り屋さん。

メインのトリックには難あり、と云わざるを得ません。
ですが、謎の設定は天下一品。
密室になっていた牢獄の中で墜落死していたり、周りを食べ物に囲まれたテーブルで餓死していたり、飛び降り自殺にしか見えない状況なのに殺されていたりと、大変大変。
つまり見せ方が上手い、ということ。見習いましょう。

以下ネタバレ。
2007.08.17 Fri
英題「None But Air」。

粗筋は省略。
どんな粗筋をつけても作品の雰囲気にそぐわない気がします。

スカイ・クロラシリーズ第一作(ただし刊行は二冊目)。
スカイ・クロラ映画化に向けて、再読です。まだ先の話だけど。
ハードカヴァの装丁がとても綺麗。
いつも思うけれど、森はブック・デザインに恵まれている。本人がアーティストだからか。

詩的かつ知的で、美意識を軸に、ドライに仕上げられた物語。
森博嗣の作品って大抵そうなんですが、このシリーズは特に、安易な解釈/解説を拒んでいるように感じます。
わかったようにコメントすると、鼻で笑われてしまいそうな。
だから、とても書評なんてできやしないのですが、一つだけ。

例えば空、あるいは戦場のような非現実の中に自分の居場所を見つけたとしても、人間は現実の中で生きていくしかない。
ただ生きているために、少しずつ汚れていって、そんな自分を嫌悪しながら、非現実に自分の誇りを託して、不器用に。
そんな彼らに、できれば馬鹿にされないような、大人になれたら。

ああ何か一生懸命絞り出したこの感想すらずれてるような気がする。
うう。

でも、ウェットでベタなエピソードには素直に感動できました。
ひょっとして、馬鹿な読者のためのサーヴィスだったりして。
2007.08.22 Wed
英題「Down to Heaven」。

自分の意思と関係なく、大人の世界に巻き込まれていく草薙。
――だめだ一行しか粗筋書けない。

「ナ・バ・テア」に比べると密度は薄くなった、という印象。
というか、ひたすら主人公が苛々する話かも知れない。
どんどん自由がなくなっていって、大人になれと強要される。
ただ一人でいたい、あるいは美しく戦いたいだけなのに。
そんなに甘くない、現実って。

草薙の自殺願望について抜き出し。

「ナ・バ・テア」から。

「そうですね。地上に降りたとき、一番強く思うのは、もう一度飛びたい、ということです。死んだら、もう一度飛べません」

本作から。

 雲を通り抜けて地上まで墜ちてしまうのが、恐いからか?
 たぶん、そんなところだ。
 それに、地上だって多少の光はある。

まあ、自棄になるとすぐ死のうとするんですが……。

もう一度本作から。これはキィ・センテンス。

 僕は、空で死ぬことを望んでいるのだ。

これが、「スカイ・クロラ」のラスト・シーンにどう結びついていくのか。
って、あんまり書くとネタバレですけれど……。

それにしてもカンナミ絡みの話は理解困難。
――ヤンデレ?(絶対違う)
2007.08.31 Fri
英題「Flutter into Life」。

指揮官になった草薙。必死に飛び続ける彼女には秘密があった。

粗筋一行。許して。

前二作とは視点が変わって、草薙の部下が主人公。
それを反映して文体も若干(ほんとに若干だけど)、理屈っぽくなっています。

大人対子供、地上対空の二項対置はこのシリーズの普遍のテーマらしい。
一貫して同じメッセージを前面に出しているから、正直飽きてきました。
やはり、主人公が成長しない、ということがネックになっているのか。

相良登場。秘密を抱えた科学者って設定、森は大好きなようで。

笹倉「もういい加減、引退したらいいのにな」
お前もな、と突っ込んだのは私だけではないはず。

Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。