ご案内お知らせ短編連載「マスカレイド」書評動画
自作小説(短編中心)と書評(というか感想文)。 ジャンルはミステリィが主体です。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.26 Fri
みんなを幸せにしたい創貴。父に会いたいりすか。仇を取りたいツナギ。三人の行く手を、『六人の魔法使い』最後の一人が阻む。〈りすかシリーズ〉第三弾。

西尾のまえがき一文。
「魔法でできることは魔法でなくともきっとできます。」
それは魔術だ! って、きのこは言ってたぞ。

状況がシビアすぎて、素直に楽しめなかったのですが。
解決方法もスマートじゃないような気がするし。

水倉鍵がインセクター羽賀に見えます。
性格の悪いおかっぱの少年、ってだけなのですが。
彼が「えへへ」と言う度私の脳内では「ヒョヒョヒョ」と再生されます。

以下ネタバレ。
鍵の能力が『魔法封じ』だけだとすると……。
ダイスや携帯電話が突然出現したことの説明が付かない気がします。
それともこれが結島の魔法なのでしょうか。
――透明化とか?
スポンサーサイト
兎屋ヒトル
 実は西尾の前書きこそがケータイやダイス出現方法の伏線…なわけないね。

 インセクター羽蛾とは意外な名前が。しかし「おかっぱ頭」の伏線に、「きのこ」さんを挙げておくとは。毎度毎度とりねこさんの深い伏線には感服させられる。(神原駿河風に)
2007.10.26 Fri 21:18 URL [ Edit ]
とりねこ。
張ってもいない伏線を回収された!
ダイスはともかく、携帯電話はね。古典力学的には出現不可能でしょう。結島は『偶数屋敷』なだけに、トンネル効果でワープさせたんだったりして……。
2007.10.26 Fri 23:15 URL [ Edit ]
兎屋ヒトル
 ケータイは動かせたからやっぱり魔法なんだろうね。ファウストも出ないし4はいつになるのか。

 しかし「ダイス」から「代数」を連想させ「偶数屋敷」の伏せ(以下略)
2007.10.27 Sat 12:02 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://nebakura.blog83.fc2.com/tb.php/105-418e225f
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。