ご案内お知らせ短編連載「マスカレイド」書評動画
自作小説(短編中心)と書評(というか感想文)。 ジャンルはミステリィが主体です。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.12.07 Fri
香椎の海岸、毒をあおって死んだ男女。一見完璧に近い動機付けを持つ心中事件だと思われたが、その裏には恐るべき姦計があった。

最近これドラマやってたじゃないですか。ビートたけし主演で。
二夜連続放送だったんですけど、何故か二日目を見逃し、悶々としたので読みました。
清張は読まないと思っていたんですけれど。何が起こるかわかりませんね。

清張はいわずと知れた社会派ブームの火付け役ですから、きっとめんどくさい話だろうなあと思っていたのですが、いざ読んでみるとイメージとは全然違いました。
あっさりしている。背景の書き込みに執拗さがない。
テンポも良く、純粋にミステリィとして楽しめました。
なるほど、昔はこれが社会派だったんだなあ。
今の社会派/ノワールの人たちからしたら、「ぬるい!」と評されるのでは。
私はこっちの方が好きですけれど。重苦しくないから。

アリバイ崩しも面白かったんですけど、隠された動機も振るっていました。
ミステリィとしては、あちこち詰めが甘いんですけどね。
良作だと思います。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://nebakura.blog83.fc2.com/tb.php/110-957b22ec
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。