ご案内お知らせ短編連載「マスカレイド」書評動画
自作小説(短編中心)と書評(というか感想文)。 ジャンルはミステリィが主体です。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.12.17 Sun
またしてもラノベ。これでいいのか大学生。

《知恵の実》と呼ばれる魔法のアイテムを使って、願いを叶えた人間から魂を回収する、悪魔のミカタ、みークルのメンバ。その一人にある日突然《知恵の実》がとりついた! 死んだ恋人、消えない傷、手に入らない想い人。命を賭けて、存在を賭けて、少年と少女は悪魔の力に挑む。

つう話ですが、正直シリーズの五作目とかいきなりあらすじ説明しても何のことやらですよね。
ですので、このシリーズの世界観とかメインのストーリィについての解説はしません。気になる人は一巻から読んだ方が早いですし、きっと読んで後悔はしません。面白いから。
電撃文庫としては厚い本ですが、最初から最後まで読者を飽きさせません。
見せ場であるボクシングの試合は本当によく考えてあるなあ、と感心しました。想いのぶつかりあい、高度な心理戦、そしてリングに立つまでの過酷な努力。ボクシングそのものについての作者の知識が、それらの描写に深みを与えている。さすがです。
が、この本で一番私の印象に残ったのはそこではなくて、もう一つの山場、真嶋綾が《知恵の実》で願いを叶えようとするシーンでした。ネタバレになるといけないので、詳しくは書きません。泣きながら読んだ、ということだけ。ラノベで泣かされたのは「猫の地球儀」に続いて二回目。今作で私はすっかり真嶋のファンになりました。どうか彼女の進む先に幸せが待っていますように。
どうやら私は片思い中の女の子という設定に弱いらしいです。「ハチミツとクローバー」(少女漫画)のあゆにもやられたからなあ……。片思い属性?(そんなのあるのか)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://nebakura.blog83.fc2.com/tb.php/22-567282a5
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。