ご案内お知らせ短編連載「マスカレイド」書評動画
自作小説(短編中心)と書評(というか感想文)。 ジャンルはミステリィが主体です。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.12.27 Wed
書評がメインコンテンツになりつつある今日この頃。

釘バットを得物とする零崎軋識。彼を中心とした殺人鬼集団「零崎一賊」に、天才策士、萩原子荻が攻撃を仕掛ける。軋識の心を揺らすのは、人間失格、人類最強、メイド仮面、死神、そして暴君。

ストーリィとしては、大して見所はないような。
盛り上がりに欠けるのは主人公がつまらないからでしょうか。ヘタレだし。語尾に「だっちゃ」とかつけてるのはすげえ鬱陶しいし。それに主人公にしては登場回数少なかったし、脇役が良いの揃いすぎてたからなあ……。
まあこの『零崎一賊』シリーズは『戯言』シリーズのファンへのサーヴィス、という側面で評価するのが正解、なのかも知れません。そういう意味では、それなりに楽しめたでしょうか。

とりあえずMVPは人識だったということで。そしてまさかのてる子さん再登場に驚いた。
萌太君も。良かったね。本編の扱い酷かったもんな。
しかし子荻ちゃんって、こんなキャラだったかな……、もっとクール系じゃなかったっけか。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://nebakura.blog83.fc2.com/tb.php/27-4a254968
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。