ご案内お知らせ短編連載「マスカレイド」書評動画
自作小説(短編中心)と書評(というか感想文)。 ジャンルはミステリィが主体です。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.01.10 Wed
もう10巻ですね。そろそろラノベに興味がない人はこの書評を読まなくなっているでしょう。
読書記録、というつもりで書いていますので、どうぞ遠慮なく読み跳ばしてやってください。

悪魔のミカタである堂島コウを取り巻くみークルの仲間たちの関係は、少しずつ、変わってきた。より複雑に、より緊密に。交錯する想いの中、イハナは悪魔と「知恵の実」について、何かを、おそらく全てを知る存在、吸血鬼「ザ・ワン」を呼び寄せる決断をする。そしてそれは、これから始まる悪夢の幕開けとなるのだった。

それぞれの登場人物の、それぞれの風景。オムニバス形式、といっていいんでしょうか。
今までのキャラクタの背景とストーリィの伏線を掘り下げる、いわば幕間。
この本単体では、ちょっと評価できないかなあ。別にすごく良い話があったわけでもないし。
あ、でも真嶋がかっこよくなってたのは個人的に大絶賛。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://nebakura.blog83.fc2.com/tb.php/29-4ae22829
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。