ご案内お知らせ短編連載「マスカレイド」書評動画
自作小説(短編中心)と書評(というか感想文)。 ジャンルはミステリィが主体です。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.05.11 Fri
推理小説家火渡雅が体験した不可解な事件。奇妙な偶然の連鎖によって組み上げられたその歪な事件は、次第に彼の世界を壊していく。

メタでアンチ。
夢野久作の「ドグラ・マグラ」を強く意識して書かれた小説です。

――というだけで、終わってしまうのだけど……。
寂しいから、もう少し。

メタでアンチで、「ドグラ・マグラ」なんですけど、この作品の特異なところは、主題に奇妙な偶然、即ち《奇偶》を選んだことです。
因果律が無効化されるほどの夥しい数の偶然。その中でどうやって世界を認識し、自分の存在を確定するか。
――そこそこ面白いテーマだと思うんですけど、アプローチの手法がいかんせん冗長です。
心理学だの量子物理学だの哲学宗教なんでもありで、ひたすら衒学趣味に走って語る語る。作中の某人物が「まるで鵺のようなグロテスク」と評するほど。
やっぱりその手法も「ドグラ・マグラ」を真似てということなんでしょうが、ちょっとしんどすぎる。

密室に関してラストで提出される推理はインパクト大。
だけれど結局、「ドグラ・マグラ」の劣化コピー、という気がします。
分厚い割に、内容薄いし。満足できず。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://nebakura.blog83.fc2.com/tb.php/66-11294967
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。