ご案内お知らせ短編連載「マスカレイド」書評動画
自作小説(短編中心)と書評(というか感想文)。 ジャンルはミステリィが主体です。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.06.25 Mon
〈ザ・ワン〉を倒した堂島コウは、願いを叶えるのに十分な量の魂を、自分では知らないうちに手に入れていた。しかし〈It〉を完成させ、〈知恵の実〉を創造するためにはもう一つ手順を踏まなければならないのだった。動揺するコウと、彼を取り巻く少女たち。そして、立ち上がった新たな敵……。

2学期編開幕、ということで。

〈ザ・ワン〉戦で魂集めが完了していたということに驚き。え、あんなあっさりでいいの? みたいな。だってコウ自身は特に何にもしてないし……。

今回はあまり山場もなく、まさしくオープニングといったところ。
今までのおさらいと、これからへの伏線と、人間関係の整理と。
10巻〈It/スタンドバイ〉に近いか。

今回のメイン・キャラクタは真嶋、イハナ、葉切でした。
真嶋はどんどんかっこよくなるので満足(とても私的な感想)。
イハナと葉切は自立して、自分なりに戦いを始めるようだし。
そしたら小鳥遊がすっかり目立たない奴になっていた。あーあ。

気が付いたらコウの周りは敵だらけ。
真嶋、小鳥遊は言うに及ばず、イハナもどう転ぶかわかったもんじゃないし、アトリもまだまだ未知数だし、葉切に菜々那(そして多分水彩も)は出張ってくるわ、コウの父も怪しいし、何より天狗の男が残っている……。
正直誰が〈イヴ〉になっても日奈復活は阻止されそうなんですが。
八方塞のこの状況、果たして打開策はあるのか。ていうか、なかったら、さすがに作者もこんな展開にしないよなあ。ううむ。全然先が読めません。
とりあえず期待。特に真嶋に!(おい
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://nebakura.blog83.fc2.com/tb.php/80-8695e104
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。